ドローンの今後について

ドローンの今後について
MENU

ドローンの今後について

ドローンは首相官邸で見つかったことや祭りでの落下事件、お城での衝突事故など今年になって注目されることが多くなっています。ほとんど事故や事件の方面でニュースになることが大半で負のイメージが大きいと思っています。

 

重要施設や人の多いところへの飛行禁止や飛ばす場所を限定的にする、免許制にしていくなどドローンに対する規制が強化されていくことは間違いありません。
昔からリモコンで空を飛ばす飛行機やヘリコプターなどは存在していたので同様な機能を持つドローンに対して風当たりが強いのは、それだけ今後需要が期待されていることになります。

 

離島への薬や食料を運ぶのにドローンが利用できないのかを実験しているニュースを見ましたが、とても上手な使用方法だと思いました。事故を起こすことはよくないですが人のいない海上を飛ぶことで防ぐことができるのが大きな利点です。大きなヘリコプターや船を使わなくても小型のドローンを複数台に分けて荷物を運べばコストも安くすむし、好きな時に飛ばせるメリットもあります。

 

山奥にある部落などへの荷物の移動にも使えそうです。宅急便が行くのに困難な道があっても、ドローンなら空中を移動するので関係ありません。何度も往復できるので利便性も大きいです。

 

空中から撮影するのにもドローンは今後さらに活躍していくと思います。山火事や噴火など人が近づくのが困難なところにも飛ばすことができるので消化活動を助けたりすることにも利用できます。

 

ドローンは規制を考えながらさらに多くの方面で使用されることは確かだと思っています。

このページの先頭へ
インフレーション