ドローンとは

ドローンとは
MENU

今注目のドローンとは

最近ニュースなどで一躍有名になってきたのがドローンという存在ですが、まだまだ理解されていないこともあるので、基本的な内容などを説明していきたいと思います。ドローンの語源というのは英語のdroneという単語から来ており、その単語はミツバチやハチが飛んでいる動詞に由来します。

 

そのことから名付けられたのが、無人飛行機と呼ばれる現在のドローンでしょう。一般的にラジコンやマルチコプターというものと似たような機械であるという意見もあるが、ドローンには各種機材としてGPSや小型カメラなどを載せたりすることも出来るという機能面で分類分けされているようでもあります。

 

さてこのドローンですが、まず開発された当初としては軍事産業での使用から始まったものでした。元々軍事用途として無人飛行機は通称UAVと呼ばれて多くが開発されてきましたが、その流れで小型のUAVが開発されてきて、これがドローンと呼ばれて軍事目的だけでなく民間の使用にまで発展してきたのが現在のドローンの状況でしょう。

 

民間に置けるドローンの使用方法としては災害地域や紛争地域などの安全な取材とカメラ撮影などに使用されているケースが多いそうです。またGPSなどの機能などを使えば広い範囲の測量などが正確に行うことが出来るため、建築や土木関係でも注目が集まっています。最近ではAmazonがこのドローンを使用して無人の配達サービスを企画しているというニュースは記憶に新しいと思います。このようにドローンは様々な分野で活躍が望まれている将来性のある機械なのです。

 

 

このページの先頭へ
インフレーション